賃貸オフィス選びのポイント|会議は貸し会議室で

男性

貸し事務所利用のすすめ

オフィス

港区で賃貸オフィスが人気の理由としては、レイアウトが自由に設計できること、広い空間を持ち使い勝手のよい物件も多いこと、などが挙げられます。自社の希望に合った賃貸オフィスを探すためには、それぞれのニーズに沿った物件情報を持つ不動産屋を利用することが大切と言えます。

もっと読む

関西の中心都市

デスク

大阪には貸事務所が数多くありますが、そのときの景気やアクセス手段によって価格が大きく異なるのでこまめにチェックするのがポイントです。また、インターネットを利用すると簡単に物件探しができるので活用すると便利です。

もっと読む

賃料を安くする方法

男女

賃貸オフィスを借りる際には、遠慮なく賃料交渉を行いましょう。特に不動産会社がオーナーの賃貸オフィスは、賃料交渉が成功しやすい傾向にあります。また、保証金も価格交渉が行えるため、是非とも交渉を行いたいものです。

もっと読む

必ず確認すべきこと

ミーティング

インターネット対応の有無

これから起業しようと計画を立てている方は、賃貸オフィスの借り方を把握しておくことが重要です。特に賃貸オフィスを本店所在地とする場合には、スムーズに借りることが重要となります。本店所在地が決まらなければ定款を作成できず、会社設立登記を終わらせることができなくなります。スムーズに賃貸オフィスを借りるために、絶対把握しておきたいポイントを把握しておきましょう。インターネットが普及している現在では、パソコンやスマートフォンはビジネスで必需品です。しかし、全ての賃貸オフィスがインターネットに対応しているわけではありません。特に築年数の古い賃貸オフィスを借りる際には、インターネットに対応しているか、通信速度はどれくらいかを確認するようにしましょう。確認を怠ると、移転する必要も出てきます。

天井高と面積を確認

インターネットに対応しているからといって、安心してはいけません。OA機器を利用する場合には、OAフロアにする必要があります。二重床のOAフロアにするためには、ある程度の天井高が必要です。最低でも2.6メートルの天井高が必要となるため、必ず天井高を確認することが重要です。2.6メートル未満の天井高の場合には、OAフロアを敷設できない場合や圧迫感のあるオフィスになる恐れがあります。また、少し余裕を持ったオフィス面積であることも重要なポイントです。1人当たり15平米ほどのオフィス面積があれば、余裕を持って仕事をすることができます。また、1人当たり20平米ほどあれば、スタッフの人数増加にある程度備えることができます。最低でも1人当たり10平米ほどは確保できる面積のオフィスを借りるようにしましょう。オフィスには会議室が必要となる場合もありますが、会議室は貸し会議室をレンタルして利用することもできます。そのため必ずしも用意しなくても大丈夫です。東京には多くの貸し会議室があります。その中には大きな会場から、小規模な会議用の部屋などさまざまです。利用する人数によって決めるといいでしょう。