賃貸オフィス選びのポイント|会議は貸し会議室で

男女

貸し事務所利用のすすめ

オフィス

高い信頼感や設計の自由度

港区では、賃貸オフィスの需要が高まっています。賃貸オフィスは、一部屋をそのまま事務所として借りることができます。そのため、レイアウトなどの自由度も高く、イメージ通りの事務所にすることが可能です。また広いスペースを持つ物件も多く、大所帯の企業や来訪者の多い企業などにも、使い勝手がよいこともメリットと言えるでしょう。そして、賃貸オフィスを自社の事務所とすることで、信頼感を高める効果もあります。自社専用の賃貸オフィスを使用していることは、企業のステータスを高めることにつながり、取引先や顧客にアピールすることができます。業務に許認可が必要になる場合も、他の形態の事務所に比べて、認められやすい傾向も強いです。

自社に合った不動産屋選び

満足度の高い賃貸オフィスを港区で借りるためには、適切な不動産屋を選ぶことが大切になります。港区では不動産屋によって取り扱い物件や得意分野、サービスの質に違いがあるので、それぞれの特徴をよく見極めたうえで、利用していきましょう。ポイントとなるのは、その不動産屋が自社のニーズを満たす物件の情報を、豊富に持っているかです。例えば起業したばかりの企業ならば、初期費用や家賃が安い、小さな賃貸オフィスを探すことが多いでしょう。こんな時は、港区の特定エリアの小規模物件にも精通している、地域密着型の不動産屋がおすすめです。逆に既存企業の事業規模の拡大などに伴う移転では、より大きな賃貸オフィスへのニーズが高まります。こうした場合は、広域エリアに情報ネットワークを持った大手不動産屋を利用することで、効率的に物件探しができるでしょう。